副教科は勉強した方がいい?

皆さんこんにちは。相変わらず空腹の松井です。

本日は「副教科は勉強した方がいいか」についてです。

※副教科という言葉は好まない嫌いですが、便宜上これで話します。

もうすぐ高総体ということで、部活生の皆さんは大変でしょう。

特に高校3年生については悔いの残らないようにやり切ってください。

ただですね、そうこうしているうちに期末テストが~・・・

そしてこの時期、こんな言葉を5~6回耳にするんです。

「副教科って勉強した方がいいですか?」
「副教科は捨て科目」
「副教科は受験には必要ないから」
エトセトラエトセトラ・・・

今回のテーマは中学生・高校生にとって永遠の課題ではないになるのでしょうか?

結論から言うと、私はやった方がいいと思います

「文科省や学校の先生がやれって言うからですか?」
「え、入試には使わないのになんで!?」
「どうせ社会に出たら副教科の方が大事とか言うんでしょ?」


などなど、不満や文句を挙げればキリがないですね・・・



違いますよ!!

私がやった方がいいと思う理由は「入試に出る」からです。

今年の共通テスト数学ⅠAの第2問の陸上競技の話・・・

「ピッチ」と「ストライド」という言葉が出てきて、考えるのをやめた人!
それで十数点落とすのはもったいないですよ!!
これらの用語は中学校の保健体育の教科書や資料集に載っています。

他にも、保健体育のBMIの話が数学ⅠAで、家庭科の繊維の話が化学で、
などなど副教科の知識が題材となることが多々あります。

信じるか信じないかは貴方次第!!

じゃなかった(笑)
えーと、なので、過去にも副教科から出題されているので、私は副教科の勉強もした方がいいと思います。

他にも、勉強のこと・入試のことで質問・相談があれば声をかけてください。
そろそろ受験勉強始めた方がいいかな~と思っている方も是非校舎までご連絡ください。

5+