東進の新年度特別招待講習

努力+進歩=明るい未来

こんにちは、担任助手の村川です。

11月に入り、次は12月

あっという間に今年、令和2年が終わりますね…

これまでの自分を振り返ってみてどうですか?

「がんばったな、自分。」

そう、自分で自分に声をかけることは出来ますか???

今年は、特にめまぐるしい変化がありましたよね。

コロナウイルス感染拡大防止のために

緊急事態宣言が流れたことで

街から人が消えました。

学校が休校になり、友達と会うことがなくなりました。

遠方にいる家族と会うこともなくなりました。

普段は聞くことのない、様々な言葉を耳しました。

わたしたちは見えないウイルスのもと団結して

そのウイルスに向き合ってきました。

見えないものに振り回されながらも努力を続けたみんな

刻々と変化する状況下で勉強の手を休めなかったみんな

そんなみんなはこれからどんな状況下にいても

”強い”

私はそう思っていますし、信じています。

さて、ここで私が心に留めている言葉を紹介します。

”人生とは努力と進歩を除きてはよりよきものはありえない。

熟慮断行は汝のモットーである。”

みなさんは将来どんな大人になりたいですかか?

今、目の前にあることを成し遂げようとどんな努力をしていますか?

自分だけの強みってなんでしょう?

わたしは以前、勉強しかしていない、ただの女子高生でした。

しかし大学に進学すると、みんな勉強はできて当たり前

わたしだけにあって人にはないものが、なにもない!そう気づき、焦りました。

そこから将来自分が何をしたいのか考える材料を作るために様々な活動をしました。

それから3年が経ち、大学4年になった今

自分がどんな未来を歩みたいのか選ぶ材料が出来たのではないかなと思います。

これまでの様々な経験を経て、わたしは自分に対する自信がついてきました。

空っぽの自分ではなく、

女子高生のあの頃よりは中身のある人間になったのではないかなと思います。

行動すると経験になります

経験すると実績につながります

実績を積むと自信につながります

時間は有限です

そのなかで時間を作り出してたくさんの経験を積んでください。

将来、やりたいことをするための材料をたくさんつくってください。

将来、自分で自分を誇れる中身のある人間になってほしいな

そのために、日々努力と進歩を続けてほしいな

担任助手として働く中でわたしはそう思っています。

そのスタートが冒頭でも言ったように

今年のl1年を振り返り、

自分自身の充実度合い、頑張ってきたことを知ることなのではないかなと思います。

そうしたらきっと、自分がなにをするとよいのか見えてくるはずです。

長くはなりましたが、わたしからの担任助手としてみんなへの想いです。

7+
東進の新年度特別招待講習